転職失敗

転職失敗

転職失敗については、多くの人が経験していることと思います。
それは、ただなんとなくの気持ちで応募→履歴書→面接という順序で合格して仕事をすることになったからでしょうか?
そういう理由もあるとは思いますが、やはり一番は自分の能力を過信し過ぎている人が多いことも理由のような気がします。
特に若いうちは、自分ならもっとレベルの高いところで通用すると思ってしまいがち。
同級生の転職成功例や、他社からのスカウトなどの話で「自分も」と思ってしまいがちです。
しかし、誰しもがそういうルートをたどれるはずもなく、転職する度にだんだん良くない職場へと移ることになりがち。

 

最近では、年功序列が少しづつ廃止されつつあり、実力のある人が多くの給料をもらい、自分より年上の部下を持つ時代になりつつあります。
また、女性上司も増えてきています。
しかし、自分の能力とはどのくらいあるのでしょうか?
そこを客観的に判断できないと、転職が失敗しがち。
どのくらいの能力があり、どのくらいの仕事ができるのか自分を見つめてみましょう。

 

年功序列の方が働きやすいという場合も存在します…実は。
やはり、社員の2〜3割が出世し、あとはひらのままというのが多くの会社の現状です。